ハイパワー反射型LED/オプトデバイス研究所

HOME < 製品情報 < 光IDタグ

 光IDタグ


非接触型IDシステムは、赤外線によるパッシブ型へ。

世界初、極小型「光IDタグ」が、IDシステムの常識を変えます。


光IDタグ 「Ir-ID(Infrared Identification Date)」は、

受光素子(光電池)・LED・マイクロコンピュータを極小一体化した、光通信モジュールです。

赤外線で電池レスなため、通信品質および環境性能の向上と、

システムの簡素化によるコストダウンを実現します。














 「アクティブ型」と「パッシブ型」の二つのタイプがあります。

 →アクティブ型
 従来の赤外線リモコンや電波式リモコンなどに使われています。
 送受信ともに電源を内蔵し、双方向通信を行うシステムです。

 →パッシブ型
 近年の非接触式IDタグ(カード)に使われています。
 タグ側は電池レスで、電波や電磁誘導を媒体として電力を取り込み、双方向通信を行います。



現在の非接触式IDシステムの多くが「RF‐ID」、

すなわち電波や電磁誘導でのパッシブ型なのに対し、

弊社の「Ir-ID」は、受発光ダイオードを用いた赤外線による、次世代パッシブ型。

赤外線のメリットを活かし、システムの簡素化・小型化・人体への影響減など、

RF‐IDの弱点を解消した、画期的な光IDタグです。


  読取距離 読取精度 対ノイズ性 価格
RF-ID 1cm~1m 良好
(但し環境次第で近距離でも
エラー発生する)

非常に悪い
(周辺機器への
外乱あり)

TI社、フィリップ社の特許料が
加算されるため、
特にコントローラ部は高価
Ir-ID 密着方式 良好
(密着方式なので
エラーゼロ)
良好
(周辺機器への
外乱なし)
RF-IDより遥かに安価
特徴

・ 電池レス非接触式赤外データ通信

・ 複雑な高周波回路が不要

・ 情報と電力を同時送信、交信できる

・ 信号の外部漏れがなく秘匿性が高い

・ 通信エラーがない

・ 金属に覆われた場所や水中でも通信できる

・ 周辺の電子機器へ障害を与えにくい

・ 人体への影響が極めて少ない

・ 極小型(5×8×2mm)

・ アンテナ不要

・ 低コスト

用途

・ 全ての錠前システムに

  (一戸建て、マンション、ホテル、ロッカー、自動車、オートバイ、自転車など)

・ 保険医療施設等での安全性強化に

  (病歴などの個人情報を読み書きする電子カルテシステムや、

  電波で生じやすい検査・計測機器の誤作動防止および軽減対策など)

・ 機密性の高い情報物を扱う施設に

  (警察や、各種の先端情報・顧客情報を入手し管理する企業・組織など)

・ 様々なシステムおよび設備への応用に

  (マシニングセンターなどの特殊工作機械や、

  携帯電話等の通信インフラとしての光センサー、遠隔監視システムなど)

ODRお問い合わせフォームへ

ページ先頭へ戻る